FullSizeRender

使わなくなったWiFiルーターを活用して、使いたい時にだけデータ無制限で使えるモバイルWiFiルーターを作る。今回は、そんな内容です。

◆POVO2.0とは
2021年9月下旬に、KDDI(au回線)から、基本料金が0円のMVNOサービス「POVO2.0」が サービスインしました。他社のような最低基本料金が掛かるこれまでのデータ通信サービスではなく、使いたい用途ごとに自分でデーター容量を買い足すプリペイド式携帯電話のようなサービスです。【公式サイト】POVO2.0

スクリーンショット 2021-11-07 15.03.21

★特徴★

①基本料金0円
②最低契約期間なし
③6ヶ月間利用がないと自動解約(トッピングを1回利用すればOK)
④au回線
⑤1日24時間330円容量無制限データ通信


スクリーンショット 2021-11-07 15.03.55


つまり、普段はそんなにデータ通信を使わないけど、たまに外にいるときに大容量のデータ通信をしたいというニーズを格安で実現できるサービスということです。
私の場合は、時折、野外からYouTubeやTwitchの配信を行いたいとき、そのときだけ容量無制限になることがもっとも嬉しい。普段から容量無制限か大容量の通信プランを選んでる人はそれを使えば良いが、大概の人は、そうではないと思う。

通常の運用ならば、eSIMを使えるデュアルSIM対応機がベストだ。メインSIMは電話通信用に、そしてサブSIMをデータ通信専用のNVMOのeSIM運用する。主にiPhoneを念頭に置いている。

私の場合は、デュアルSIMとモバイル無線LANルーターで使う理由があるんですよね。

◆モバイルWiFiルーターW05でPOVO2.0を使う

私は、現在メインSIMがdocomo、サブのeSIMで楽天モバイルを使用している。楽天モバイルは月額2980円でデータ通信容量無制限なのだが、iPhoneとGoProで配信を行う際にiPhoneのモバイルネットワークをGoProアプリ「Quick」が拾ってくれなかったり、通信が途切れる問題を解決したいため、敢えて、モバイル無線LANルーターを導入したい。

【現状】
主回線 NTTdocomo → 山間部でも緊急電話が繋がる電波ネットワーク
福回線 楽天モバイル → 月額2980でデータ使いたい放題

そこで、ふと思い出した。「そういえば契約が切れたWiMAXのモバイルルーターがあったな。」「WiMAXは、そもそもauの回線使ってるから、同じau回線を使っているPOVO2.0のSIM挿したら使えるんじゃないか?」ということで、ググりました。

いくつかヒットして、使えると言っているものが有りました。

※注意点が2点ある

①W05には、au版とUQ版があるらしい。
→私のは楽天系のWiMAX2+サービスで無料で頂いたW05
→結論は、POVO2.0が使えました。

②SIMを挿しただけでは使えない(電波を拾わない)
→W05側で設定の変更が必要になる。

◆POVO2.0の申し込みについて
POVO2.0は、ネット申し込み専用になっており、auショップや家電量販店では申し込むことができない。ネットから申し込みを行う際も、3回ほど失敗して弾かれてやり直した。

FullSizeRender



ネット上で、本人確認手続きを終えると、POVO側で審査するために本人確認欄が「審査中」となる。私のときは、申し込んで約5分ほどで結果通知の以下のようなメールが2回ほど返ってきた。

スクリーンショット 2021-11-07 15.36.24


お申し込みいただいた内容でpovo2.0へのご加入を受け付けることができませんでした。

以下の原因が考えられます。

・ご提出書類と申し込み内容が相違している場合
・ご提出書類が不鮮明な場合
・同一のご契約名義で6回線目以上をお申し込みの場合

お手数ですがお申し込み内容をご確認いただき、「ご提出書類と申し込み内容が相違している場合」「ご提出書類が不鮮明な場合」
については、再度povo2.0アプリよりお手続きをお願いいたします。
なお、「同一のご契約名義で6回線目以上をお申し込みの場合」はお手続きを承ることができません。
※現在ご契約中の回線についても、後日の調査により、同一のお客さまによる6回線目以上のご契約であることが確認された場合は、
​該当回線を解約させていただくことがあります。」


何が駄目なの?と頭を傾げてしまった。そして、本人認証は21時までの送信分らしく、21時以降に送信されたものは翌日9時以降の審査になるとのこと。仕方がないから、駄目元で3回目の本人確認を申請した。
結果、翌朝10時前ごろに、確認できた旨のメールが届きました。何が違ったのかさっぱり分かりません。もし、同じようなことが生じたら、何度もチェレンジしてみましょう。

◆申し込みからSIMの到着まで
私は、今回、物理SIMを申し込みました。本人認証完了のメールが来てその日のうちに発送準備のメールがきました。その翌日には手元にSIMが届きました。ヤマトさんの宅急便コンパクトでかなり早かったです。

FullSizeRender

◆W05の設定
SIMが届いたら、W05のSIMスロットルに差し込みます。

FullSizeRender

そして、設定ツールで設定していきます。
①ルーターの電源をON
②ルーターと何かしらの端末をWi-Fi接続
③PCかスマホで、WEB設定ツールを開きます。IPアドレスを検索バーに入れて検索するか下記アドレスを入れて検索します。「http://speedwifi-nest.home」

ID「admin」とPW「端末のIMEIの下5桁です(※端末のシールか端末情報で確認できます)」

FullSizeRender

④設定ツールを開いたら、上のタブ「設定」に移動します。
そして、左側「WAN設定」→「プロファイル設定」を開きます。
下にある「新規」を押してPOVOのプロファイルを設定します。入力が必要なのは「プロファイル名(これはなんでも可)」「APN(接続先情報)」だけです。入力し終わったら、「保存」して、端末を再起動します。

FullSizeRender

⑤再起動後、電波をつかむようになります。

あとは、iPhoneでPOVOのアプリをダウンロードして、ログイン後、24時間トッピングを購入してテストします。なお、トッピングしていない状態でも電波は掴んでおり、128kbpsで通信できます。かなり遅いので使い物になりませんが。

以上、24時間データ使いたい放題のモバイルWiFiルーターの作り方でした。これで、使いたいときだけ活用でき、使わない月が基本料金0円運用が出来るようになりました。電波もauの4GLTEなので山間部でも電波が繋がることを期待しています。
なお、このモバイルWiFiルーターは、Amazonで中古が2000円ほどで売っています。W06やWX06とかでも使えるらしいです。