南八ヶ岳で使ったGEARをご紹介
(ちなみに写真は、八ヶ岳に間に合わなかった新しいバックパック)


◼️山と道 "THREE"スタンダードポケット コヨーテブラウン

バックパックは、普段、テント泊で使っている「THREE」を使用。夏山ならば2泊3日でもまだまだ余裕がありそうな感じでした。今回は、心配性が故に食料を4泊分ぐらい持参しました。結局、小屋食を利用したり、お昼は行動食にしたら大幅に余った。ザックの1/3は食料が幅を取っていた感じだったので、終始、お荷物を担いで歩くことに。次回からはもう少し考えようと思った。
ちなみに、私はテント類はフロントポケットに入れています。設営時や撤収時にザックの中身は出さずに先にテントを立てたり片したり出来るからです。この使い方をし始めてから、ザック本体の中に余裕が出来てパッキングが楽になりました。


◼️アトリエブルーボトルのベアベル

先日、池尻大橋のショップで購入してきたものを実戦投入。使用感としては、程良い音量と音色で風鈴の様な心地良さといった感じだ。「煩すぎない」「嫌な音がしない」というのは意外に大事。山行を大切にするために、ちょっとしたアイテムでも気を配るのはいいね。オススメのベアベルです。購入方法は、いまのところアトリエブルーボトルの池尻大橋のショップかイベントで直販売のみだと思います。気になってる方はその辺をよくチェックしてみてください。



■アトリエブルーボトル「Hiker's T-shir」

それと、2泊3日、着っぱなしだった「Hiker's T-shir」。ウール50%ポリ50%の混成生地で臭い対策にと思っていました。着心地はメリノ100%よりは柔らかさで劣りますが、速乾性は断然こちらの方が良いです。夏場の汗をかくシーズンはお奨めです。程よい生地の厚みも暑さ対策にはいいです。Day0から合計約4日間着ましたが、嫌な臭いはしませんでした。むしろ、この上に着ていたノースフェイスのポリ100%のシャツは汗臭くて堪らなかった。あと、ポリ100%のズボンも。次は、ウール系のシャツと臭いが抑えられるパンツを探します。ibexかスマートウールか。




写真は、アトリエブルーボトルさんのストアから拝借しました。


◼️ブラックダイヤモンドのREVOLT

八ヶ岳に行く前に購入しました。本格的に使用したのは今回が初めて。充電式の電池でUSBで充電出来ます。 私がこれを買うか迷っていたときは、まだペツルの2017モデルの情報がなく、ブラックダイヤモンドのみの検討をしました。新しいペツルの2017シーズンのラインナップをみると、若干、ペツルに軍配が上がりそうな感じです。が、このBDのリボルトも悪くないと思います。他の製品と共通で乾電池を使い回したい人はこちらのリボルトですかね。それに、BD製品は、お店によってはお安く買えたりもしますので。
 


■cocoonのシルクライナー

これは、私の中で絶対に外せないアイテムです。テント泊には必ず持っていくアイテムの一つ。シルク100%で出来ていて、シュラフのインナーとして使います。肌触りが良く、汗を掻いた肌でもサラッとした感じが素晴らしい。冬はブースターとして体感温度が5°程あがる。重量も100g位で収納時もコンパクトで雑に扱っても問題がない。なによりもこいつを使えばシュラフの中が汚れないんです。私は汚い汗臭い身体でシュラフに入るのは嫌なタイプです。なのでこいつは使ったら洗濯もガンガンします。小屋泊の時も自分以外の人が使っている寝具はちょっと嫌だなと思うこともしばしばあるので、こいつを持参して使用します。価格が1万円越えなので買うのを躊躇うが、使っている人は10年近く使うので、絶対に元はとれると断言できる。これは本当に素晴らしい製品です。他のメーカーも似たようなシルクシーツを出していますが、評判の良いのはcocoonのですね。
これは一つ持っていて間違いがないと断言できるほどお奨めです。絶対、買った方がいいと思う。


これを持っていると、バックパックの重量を数値で把握できます。一体、自分のザックがどれほどの重さなのかを知ることは、ULへの第一歩と言えよう。食料や水を抜いたザックの重量を測り、全てを入れた重さを測る。帰宅時の重さを測る。思ってた以上に、自分はザックに物を入れていることを知ることが大事だと思います。ひとつ持っておくといいですね。




■座布団シート サーマレスト「Zシート ソル」      

これも、どこに行くにも必ず携帯していくアイテムの一つ。とにかく座り心地が最高で便利だ。土の上、草の上、岩の上、雪の上など、ケツの置き場に困るとき、こいつを使えば何処でも快適に座れる。とにかく座り心地がいい。また60gと軽量なので、まず重さは気にならない。テント泊をするときは、テントの入口に置いて、とりあえず腰を下ろす場所としたり、膝をついたりして使っている。寝るときは、ショートのマットの頭部分や足部分の継ぎ足しにも使える。とにかく使い勝手が良い。なぜ、みんな持ってないのか信じられないくらいだ。絶対に買った方が良いと思うアイテムなんですが。
権現岳への登りで疲れたので、道端でザックを背もたれ、こいつをケツに敷いて寝ていたら、後からきた人達に写真撮られまくりでした。道端でちょっと寝るのは気持ちが良いのにな。