Day 1  7月14日(土)AM4時
観音平からまず編笠山を目指す。
image

 Day 1のルートはこんな感じで、観音平駐車場から編笠山と権現岳を経由して、キレット小屋を目指す。 初日の幕営地はキレット小屋の予定だ。



 3時45分、他の乗客は、明るくなるのを待っているが、私は待ちきれずスタート。先日、購入したブラックダイヤモンドのリボルトを試す絶好の機会だと思い、頭に装備してハイクアップ。



 登山口は、駐車場の奥にある。ここが以外と分かりにくいらしいので、はじめて行く人は事前に画像等で場所を確認しておく方がいいでしょう。暗いときは、周囲が見えないので道迷いに十分注意を。



 ほんとに真っ暗です。ヘッドランプの明かりだけが頼りです。



 高尾山ではちょっと暗く感じたリボルトだったが、周りに明かりの無い山の中では十分すぎるほど明るい。歩行中はスポット光を減少させて6割位の明るさで十分だ。 スペックの数値上ではいろいろ他の製品と比較をするだろうが、使用してみた感じでは、まったく問題なかった。明るさも極端に暗くなることはなかった。ちなみに充電池で使用しました。

(※追記) 明るすぎるライトは目が疲れます。特に周りが樹林帯で真っ暗な時は、その明暗の差に目がついていきません。私は100~150ルーメンス程度の照度が良いように感じました。照度の高いライトでも、結局、減光して使うのであれば、高価な過剰スペックのものを選ぶ必要性もそれほどなく、自分の使い方にあったスペック・コストのモノを選ぶとよいと思います。深夜のトレイルランなど高速移動のためそれなりの照度が必要になる使用方法などではない限り、200lm以上のモノは過剰スペックだと思います。単三電池を4本使用のモノとかありますが必要ありません。単4電池が3本か2本の軽量のモノを選ぶと良いでしょう。その点、このリボルトは、単3電池3本使用で万一の時に備えモバイルブースターからの充電も可能で、175lmと照度もあり、100g以下とバランスの良いヘッドライトだと思います。あとIPX8と悪天候時にも故障のリスクが少ないのもいいですね。ライトはもしもの時にその重要性を感じるものですから。

リボルトのスペック等のレビューはこちら。
■【レビュー】Black Diamond REVOLT 2017 モデル




 小1時間ほど歩いていると朝がやってきた。やっと押手川の分岐に到着。ここまでの道は、まぁまぁ普通の山道といった感じだった。 ここまでは。



 夜が明けると、周りが見えてくる。やはり八ヶ岳の緑はとても綺麗だ。自然を感じられる。



 押手川で展望台方面へ進めば、編笠山を巻いて青年小屋に直登できる。編笠山を目指さないのであれば30分ほど時短が可能だ。



 場所の地名っていろいろあるんだなぁ。「押手川」の由来でしょうか。なるほど。



 さて、先に進む。ふと後ろを振り返ると雲海が広がっていました。とても綺麗だ。



 押手川から先の登りが、これが結構きつい。ヒィヒィ言いながら登りました。ここは、初日で1番耐力を削られた道でしたね。


 
 やがて、高度を増していくと植生が変化してきます。そして、開けた空が見え始める。



 後ろを振り返ると南アルプスがどどーんと見える。おー。ちょっとテンションが上がった。



 観音平から2時間ほどで、編笠山の山頂に到着。山頂は岩石だらけで、なんでこんなになったのか不思議な場所が広がっています。岩石が飛んできたとしか考えられない。



 これから進む権現岳がバックに控えてる。眺望があるっていいね。



 2524Mなので、雲は下に見下ろせる。これが山登りの醍醐味のひとつだよね。



 北方面には、左から阿弥陀岳、赤岳、権現岳とこれから歩く山々が確認できた。青と緑が綺麗だ。



 初日は、ほんとに天気が良かった。前日まで天気予報がコロコロ変化して、八ヶ岳に行くかとても迷った。青空の下を歩くのはとても気持ちがよい。



 今回の旅のBack Packは、山と道のThreeだ。はじめての2泊3日の山歩きだったので、食料をたっぷり入れてきたらぱんぱんになってしまった。パックウェイトは14~15キロ位になってしまい重かった。暑いから水を常に4リットルくらい確保してからスタートは重い。今回の旅で学んだことが沢山あるので次回の旅で反映させよう。「これいらねーよっ」ってモノが多々あったな。 



 山頂の北側から、青年小屋へ下ります。地図で見るとあっという間に着きそうな感じだったんだけどね。実際は違った。こんな感じだったとは。



 しばらく進むと小屋が見え始めます。コルにある小屋ですね。テン場も見えました。10時位だとさすがにまだ1張りです。



 どんどん下っていくと、なんとでかい岩石だらけになってしまった。ここから先は岩を飛び移る感じで下っていきます。荷物重いと身体が揺られる。



 下から振り返るとこんな感じ。思わず「おー、」と声に出してしまったかも。凄い光景です。月がまだ残っていたのも神秘的で良かった。



 青年小屋に到着。「遠い飲み屋」の赤提灯が目に飛び込んできます。ここまでの道のりは結構きつかったので、わざわざ観音平から上がってここで呑みたいと思うモノなのか疑問だ。来る人は、相当、酒好きの山好きなんだろうな。



 まず先に、水の確保に向かいます。水場は小屋から約1分の場所。たぶん1分以上掛かったと思う。「乙女の水」とか命名されてる。「遠い飲み屋」を謳うくせに乙女とは。



 乙女の水は凄かった。ものすごい勢いで湧き出ていました。あっという間に俺のプラティパスが満たされた。後に書きますが、キレット小屋の水場と比べるとまさに天と地の差だった。



 青年小屋に戻って一休み。小屋の中のクーラーボックスにドリンクがぶち込まれています。このときは無性にレモンの炭酸が飲みたかった。



 小屋の物販類です。いろいろありますね。暖簾の「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」っていい。



 青年小屋では、2種の手拭いがありました。写真の藍色のものは新しいモノらしいです。いいデザインですね。今回は古い方の水色のものを購入。良い手拭い。 


  この手ぬぐいです。なかなか爽やかな青年ぽい色使いが気に入っています。よく見るとトンボがポイントになってる。



 ちょっと休憩してから出発。青年小屋から権現小屋までは、ちょっと樹林帯を過ぎれば尾根歩きになる。尾根と言ってもゴツゴツの岩場が多々ある。鎖もちょろちょろ登場してくる。



 気持ちよい景色が広がる。遠くに権現小屋が見えてきた。その向こうが権現岳だ。



 尾根沿いをぐいぐい歩いて行きます。キレット小屋のテン場は小さく他のテント泊装備者に追い抜かれると焦るので、なるべく飛ばして進み、団体を追い越して行きます。



 後ろを振り返ると編笠山が見える。その後ろには中央アルプスと南アルプスかな。綺麗だ。



 気持ちの良い登り下りを繰り返して進んでいく。編笠山から権現岳までの道のりって、尾根歩きなんだけど、岩が多く、ちょっと登っては下りみたいなのをいくつか繰り返す。フラットな尾根歩きとはちょっと違う。これが八ヶ岳なのかもしれない。


 先に進むと、やがて、権現小屋に到着する。今思えばここの小屋だけ中に寄らなかったな。ここで団体を追い抜きたく休まず進んだから。



 権現小屋から少し登ったところが権現岳のピーク。ここはメインルートからそれる分岐点から3分なので、通過しなくてもいいけどせっかくなので寄りました。



 一応、山頂標識がある。ピークの裏側にこっそりありました。



 本当のピークにはこれが在った。ちょっとかっこいいかな。



 先に進みます。この先も尾根歩きなんですが、「長いハシゴ」がまず出てきます。権現名物なんでしょうね。山と高原地図にも記載があるやつです。



 これはなかなかのハシゴ。20M位かな。それなりの傾斜で地表から浮いた状態で掛かっています。



 降りてしまえばなんてことないです。下からみるとこんな感じですが。すごいな。



 どんどん進みます。この辺りからテント泊装備をした数名の姿が後ろに迫ってきたため、常にプレッシャーを感じながら進むハメになりました。ちょっと登ってまた降りてみたいな道が続きます。



 やっと、キレット小屋に到着。意外に綺麗な建物でした。もっと凄いのかと思ってた。



 看板だけは、もはや字が読み取れないほど年期が入っていた。小屋番さんは感じの良い男性でした。でも、残念ながらここのビールは冷えていませんでした。冷蔵庫から出してたんだけどな。でも売っているだけで感謝だ。



 これは翌朝の写真です。なにもなければこんな感じのテン場です。



 筆者が到着したのが13時頃だったろうか。すでに、フラットな場所は埋まっていた。ただ、事前のリサーチでは確認できなかったが、ここのテン場、この写真の場所だけではなく、段々畑のような感じに下に続いていく。それぞれの棚に2張りくらいづつ張れる。この写真内に15張り程度、その先に8張り程度。さらにもう1箇所の張れる箇所に8張りほどいける。それでも小さいテン場なので、早い時間に到着出来ないようなら小屋泊を覚悟しておこう。現に、このときも張れずに小屋泊していた方がいた。15時とかは、さすがにもうムリです。



 小屋のすぐ近くにコマクサが群生していた。不思議なお花ですね。



 筆者は、ラスト1のフラットスペースをギリギリ確保できた。そこにルナソロLEをブチ張る。ほんとにギリギリスペースで、後ろ側のペグは斜面に打ち込んだ。ルナソロって、ペグループで意外にスペースを必要とするんだよね。その点はローカスギアのシェルターの方がコンパクトかもしれない。
 ここまで、急いできたのでヘロヘロになった。とりあえず荷物も整理する前にそのまま寝た。とりあえず寝た。マットも敷かずにザックを枕にして寝た。



 しばらくしてから目が覚めて、プシューっとまずグビグビいく。うんぬるい。

image

 水の確保に行かなければならないことを思い出す。山と高原地図に水場は7月下旬までとあったので、念のため、前日に小屋に電話で水場の水は出ているか尋ねたら、「昨日は、まだ出ていたようです。明日は分かりません。昨日は出ていました。」と言われた。なんかとても違和感のある言葉を並べられた印象を受けた。昨日は出てた?なら、あしたも平気なんじゃないの?と思った。
 実際に、いってみて、電話での語感の意味を理解した。ここの水場は、谷に湧きだしている水をパイプで汲みやすくしているだけのもの。しかも、チョロチョロしか出ていない。500ミリペットを満たすのに数分かかる。そのうえ地表を流れている水なので安全が怪しい。これは用心が必要な水と判断した。 


 そんなこともあろうかと、浄水器を用意していた。これいいね。コンパクトだし軽量で。水場の水に不安なときはザックにぶち込んでおくと安心。ちなみに、水場の水は、直接、湧き出ているものではなく、1度、地表を流れているものはほぼ危険と思った方がいいらしい。人間以外に動物も利用することも考えられ、排泄物などが地表にあることもあるらしいとテレビ番組でやってました。ということで、もはや浄水器は常備アイテムに加えてもいいほどではないかと思う。山でお腹を壊したくない。 




  そういえば、道中、虫が凄くて、ずっと後をついてきた。羽音が煩いのもさながら、何回か刺されて痛い思いもした。この時期は虫対策が必要です。虫除けやハッカ油水も効かず。半袖短パンは致命的なので控えた方がいいと思います。

夏は、必ずムヒをもっていったほうがいい。
これ塗るのと塗らないのでは大違いですよ。ケチらずに高いやつを買うとその効果に驚く。




 1日目の道のりは、意外にハードで、へろへろになってしまった。ルナソロの中で夕食をかき込んでいるとき、明日からの道のりが心配になった。こんな調子でこの先歩いて行けるのだろうか。自分の耐力・筋力不足をヒシヒシと感じ、疲労感が溜まる身体をさする。疲労回復のため、いつもはブラックのコーヒーにミルクと砂糖をぶち込んだ。明日は、朝イチから赤岳の南壁へ挑む。ワクワク感と不安感が入り交じるが、それ以上に疲労感が勝り、いつのまにか寝落ちした。夜空も観ることなく。

Day 2 前半 に続く 

↓テント泊やる人は、1つ持っておくといいですよ。