旅にでるには、まず支度から。


 「何度も言うように9割は準備さ。そして、そこから既にハイキングは始まってる。孤独な君は全部自分で決めて自分で準備しないといけないんだ。9割でも少ないくらいさ。いいかい、当たり前のことだけれど、まずはどこに行くか決めなけりゃいけない。道具の話はその後さ。

 この言葉には頷ける。そう、旅の支度はとても時間が掛かる。行く場所、アクセス手段、費用、山行プランなど、調べものに圧倒的に多くの時間を必要とする。誰かに投げてしまったり、ツアーに参加するのもいい。でも、自分自身で調べ準備した旅は特別に感慨深く特別なものになる。


 旅に出る前に新しく購入したギアは、フィールドで実践投入して使うのがとても楽しみだ。まるでおもちゃを買い与えられた子供のようにわくわく心が躍る。


 モンベルの日傘を先日買った。山では使わずに新宿の地で実践投入してしまった。



 池尻大橋で手に入れたベアベルは、心地よい音を響かせる。思い入れのある道具だ。


 このキラキラしたハイカーの様に、心踊らせて旅にでる。そのための準備は大変だ。修学旅行に行く準備のような楽しい時間が流れていく。これもまた楽しみのひとつだね。大人になっても子供心を忘れずに。

このモンベルの日傘↓とても良いです。お奨めです。