A1235001

モバイルバッテリーは、常に持ち歩く必携品だ。
でも、重いのは嫌だ。軽いのは直ぐに充電なくなってしまう。

山へ持っていける良いのないかなぁ〜?

ついに見つけた!


◆モバイルバッテリー持ってる?

日頃、常に「モバイルバッテリー」を持ち歩いている人も多いんじゃないかと思います。

私の日常使いのモバイルバッテリーは、このAnkerの小さいやつです。
軽量で程よい容量5200mAhで、何よりコスパが良い素晴らしいやつです。



しかし、一泊二日を超える山行や、スマホやカメラを多用する予定のときは、ちょっと、いつものやつだと心細い。それに寝ている間に2つ同時に充電したい。でも、いいのが今まではなかった。何が不満だったかというと、まず、USBポートが1つしかない。これだと複数台を同時に充電したいときにできない。2つUSBポートがあったとしても合計出力が3Aと低いか、300g近くと重い。ずっとこんな感じでいいものを探していました。


◆これがベストなモバイルバッテリー!

軽くてほどよい容量のモバイルバッテリーはないか、ここ数年ずっと探していた。

ついに「これだ!」と思える一品がAnkerから出てきました。

それがこちら「Anker PowerCore 10000 PD




このモバブは、USBポートが2つあるので、スマホと他のガジェットを同時に充電できます。
USB給電できるデジカメなんかもこれでいけます。そして、なによりUSB Power Delivery(USB PD)対応だいう強みがある。




A1235004
A1235002


USB PD仕様なので、従来のものよりも短時間で充電ができる。

さらに、接続もUSB-Cなので、Micro USBのコードを持ち歩かなくていい。
私の使っているガジェット類は、どんどんMicro USBからUSB-Cに変わっている。
A1235006






A1235005


容量も10000mAhと1泊2日で十分すぎる。
それでいて重量が192gと他のものに比べてかなり軽量だ。
他は、大体、200g後半のものが多い。

はじめに紹介した日常使いのものが128gなので、その倍の容量でこの軽さを実現していることはかなり凄い。またAnkerの製品はデザインもとても良い。


もう、これ以外ないと思うほど、山へ持っていくのにベストなモバイルバッテリーだと思います。

このモバイルバッテリーは、かなりお勧めします。
若干、お高いですが、その値段でも納得する満足感を与えてくれると思います。


Anker PowerCore 10000 PD(10000mAh PD対応最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/Power Delivery対応/USB-C入出力ポート/PowerIQ搭載/低電流モード搭載】iPhone&Android対応




製品仕様 
製品寸法:約114 x 52 x 25 mm
製品重量:約192g
PD入力:5V=3A, 9V=2A, 15V=1.2A
PD出力:5V=3A, 9V=2A, 15V=1.2A
owerIQ 出力:5V=2A 合計最大出力:28W 
対応機種: - iPhone XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus - iPad Pro(2018, 11インチ)  - Galaxy Note 8 - GalaxyS9 / S9+ / S8 / S8+ - Google Pixel 3 / 3 XL - Nexus 6P 他
製品型番:A1235011(ブラック)






( ※ 本稿内の写真は、AnkerJapanのHPより )