IMG_3605

8月の後半に、日本三大急登のひとつ「黒戸尾根」を歩いてきました。
とにかく、ひらすら登る。登る。登る。








8月後半、山友さんと黒戸尾根へ行ってきた。

黒戸尾根を一言で表すと「ザ・修行道」

登りは続くよ何処迄も🎶

IMG_3440

駐車場は、それほど混んではいなかった。

IMG_3447

吊橋を超えて山へ入っていく。

IMG_3451

字面も硬いな。
「甲斐駒ケ岳黒戸尾根登山道」

IMG_3460

噂には聞いていましたが、黒戸尾根ほんとにキツイ。

登り始めて1時間位、胃の調子が悪くなり歩きながら吐きまくる。

すいません。おぇおぇ言っていたのは私です。

はやくもシートを敷い休憩。

IMG_3468

悪い体調とは裏腹に、景色は森

木漏れ日が差し込む。

ヘロヘロの私でも、「あぁ、綺麗な光景だな」と感じる。

IMG_3472

ずっと、森。

登っても登っても、森。

IMG_3481

数時間、尾根を登る。

ずっと、森。

IMG_3487

やっと開けたと思ったら、ナイフリッジ。

でも、気分転換にはなった。

IMG_3493

そして、また、森。

IMG_3497

おっと、階段が出てきた。

IMG_3498

おぉ、なんか神秘的になってきたぞ。

IMG_3499

また、階段。

IMG_3503

またまた、階段。

IMG_3504

まだまだ、階段。

IMG_3506

途中、所々に剣がある。

IMG_3508

そして、また階段。

IMG_3512

いくつ階段を登ったか分からないぐらい階段を登って、やっと甲斐駒ヶ岳七丈小屋に到着。

IMG_3513
IMG_3514

この日は、胃の調子が最悪で、ペースが全く上がらず。
それでもひたすら登った。

9時間くらい歩いたかも。

もう、ヘロヘロになりながらテント場へ。

このとき、小屋で飲んだ
ピーチネクターの美味さは忘れられない。

この小屋は、ちょっと閉鎖的な印象を持った。
宿泊者以外は、小屋内に入ってほしくない空気出してたように感じた。


IMG_3522

空を見上げると、なんか不思議な光景が広がっていた。

この日は、ヘロヘロ。
テントを張り、夜食を食べて即寝した。

星空なんていいから寝たかった。


そして、翌朝。

テントの外には青空が広がっていた。



IMG_3527-2


IMG_3536-2

この朝の珈琲の美味いこと。
至福です。


IMG_3542

ここのテント場は下と上があって、下のほうが小屋に近く、水場やトイレに行くのに便利が良い。上のテント場は下よりも広くフラットな地形がある。

IMG_3550-2

もう、山頂はいいか。

朝から、贅沢に時間を使って空を観る。

IMG_3566
IMG_3581
IMG_3594-2

綺麗だ。とにかく綺麗だ。

IMG_3599

昨夜、食べれなかったカレーを朝ごはんに。

私のおすすめです。
イオンの「タスマニアビーフカレー」
美味い。コスパよし。肉肉です。

朝から、ご飯を食べてテント場でまったり。

こんなプランもたまにはいいね。


IMG_3609
IMG_3618

さてさて、ゆっくりしたら帰らなくてはいけない。
登ってきた階段を降りると思うと気が重くなる。

IMG_3639

黒戸尾根の反対には鳳凰三山が鎮座する。

IMG_3642
IMG_3647

尾根の正面には八ヶ岳が。
この日は、空気が済んでいた、綺麗に一望できた。


IMG_3652

帰り道。

疲れて、道に寝そべった。

見上げた空は、木々の中

IMG_3659-2

渓流で遊んでる人、楽しそうだな。

とにかくヘロヘロでした。

黒戸尾根。

おわり。