IMG_2821

山でみた風景を記録に残す。
そのためのカメラのお話。
「去年の今頃はどこへ行ったっけなぁ?」
そんな事を思い浮かべる瞬間がある。

そんなときは、パソコンの写真フォルダを開き、昨年の記録を参照してみる。または、このブログを読み返してみる。

少し前なら、写真がはさまっているアルバムを引っ張り出してきて眺めては懐かしんだ。その写真に写っている瞬間は、とても特別だった。色褪せて行く、昔の写真を見て懐かしさを感じる。

その当時の写真を見れば、当時の記憶が蘇る。

1年前なら、鮮明に覚えていても、3年前、5年前ならどうだろうか。きっと、忘れかけた記憶だろう。

そのときの写真を見れば、当時の記憶が蘇る。

写真は、私の人生の一瞬を切り取って記録に残してくれる。まさに「生きた証」ではないだろうか。

IMG_3361

さてさて、本題です。
カメラといっても色々あります。スマホのカメラ、コンパクトカメラ、高級コンパクトカメラ、一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ、フィルムカメラ、アクションカメラ、ドローンなど、お値段もサイズも画質も用途も違うカメラが沢山あります。

最近、私が悩んでいるのは、デジタル一眼レフカメラのA-PSC機にするか、フルサイズ機にするか、はたまたフルサイズのミラーレス機にするかというお悩みです。

分かる人は分かると思いますが、センサーサイズのお悩みと、ミラーレス機に移行するかどうかというお悩みでもあります。

「センサーサイズ」とは、カメラがレンズから読み込んだ光を記録できるスケッチブックみたいな書き込む場所「センサー」のサイズを指します。一般的に大きい方がより広く記録でき、より高画質が望めます。

IMG_3362

・フルサイズ(35ミリ)
・A-PSC
・フォーサーズ
・1型

何が問題かというと、フルサイズ機はカメラ本体の値段も高いけど、レンズの値段が桁違いに高いです。そして、一度でも足を踏み入れると、いわゆる「レンズ沼」という怖い沼にハマります。
一度ハマると、お金がどんどんなくなっていきます。かなり大人の裕福な趣味なのです。

でも、カメラやるなら、やっぱりフルサイズ機が欲しい。

IMG_3363


そして、時はミラーレス大戦の最中なので、ミラーレスに足を踏み入れてみたいという衝動もある。ただ、ミラーレス機は、まだレンズが少ないのと、スペックがユーザーの要求に達していない今一歩の状態。

悩ましい。

パターン①
高機能のA-PSC機に買い換える
候補
今月末に発表されるであろう Canon 90D
FUJIFILM X-T3

パターン②
軽量でミニマムなフルサイズ機を買う
候補
Canon 6D mark2

パターン③
最新のミラーレスフルサイズ機を買う
候補
SONY α7ⅲ
Canon EOS R
NIKON Z6

パターン④
現状維持しながら様子を見る

現在のフルサイズ機の最高峰
Canon 5D mark4
Nikon D850
などは、重さやコンパクトさの面で対象から除外です。これ持って山歩いてる人は、ツワモノです。

考えられるアクションは、この4通りでしょうか。うぅ〜ん。悩ましいです。まさに「ザ・煩悩」

あっ、GoPro HERO7も出てしまった。
これもまた悩むなぁ。

私は、「綺麗な写真」が撮りたいのではなく、「良い写真」が撮れるようになりたい。
そのとき歩いた道から見た光景を残したい。
その瞬間を切り取って、人を魅せたい。